社民党静岡県連合
社民党静岡県連合
社民党とは?
理事長挨拶
議員紹介
行動する社民党静岡
くらしと平和を守る活動
党員からの提言
お知らせ
リンク
リンク

平和シンポジウム

8月4日から6日まで広島で行われた原水禁世界大会に出席のチャンスを与えて頂いた関係者の皆さんありがとうございました。≫全文を読む

原水禁世界大会 原水禁世界大会

社民党静岡県連合が入居している建物を管理する一般財団法人・静岡社会文化会館は、2013年10月から、プロジェクトを構成し「静岡県民の社会運動史(仮称)」の編纂作業を開始しました。≫全文を読む

原水禁世界大会
原水禁世界大会

7月17日、焼津市文化センターで高校生による「第1回平和シンポジウム」が高校生・中学生・大人たち60人が参加して行われました。≫全文を読む

平和シンポジウム 第24回参議院選

第24回参議院選挙における社会民主党に対する支援・ご協力に心から感謝申し上げます。 ≫全文を読む

第24回参議院選 1第24回参議院選

比例区公認は「吉田ただとも」「福島みずほ」、選挙区は「平山佐知子」推薦 ≫全文を読む

14回定期大会 14回定期大会

4月9日静岡市の労政会館で、代議員など45名が参加して第14回定期大会を開催しました。≫全文を読む

【関連】大会での橋本勝六代表の挨拶≫

14回定期大会 福島みずほと語る会 福島みずほと語る会

 2月26日、静岡市の「あざれあ」で福島みずほ応援団と社民党県連合が共催し「いま、政治を変える!福島みずほが語る」集会を180人が参加して開催しました。≫全文を読む

2016春闘交流会 2016春闘交流会

 春闘交流実行委員会は、3月8日静岡労働会館で70人が参加して「2016春闘交流会」を行い、新聞労連元委員長で毎日新聞記者の東海林智さんを講師に「安倍政権の掲げるGDP600兆円の裏側~人らしく働くために、労働組合への団結を~」と題した講演を聞きました。≫全文を読む

吉田ただとも党首 吉田ただとも党首

 2月2日静岡市で支持労組組合員・党員・市民など70人が参加し「社民党・吉田ただとも党首・国会報告会」が行われました。≫全文を読む

社民党静岡県連合 2016年新春旗開き 社民党静岡県連合 2016年新春旗開き

 社民党静岡県連合は、1月8日静岡市のホテルで「2016年新春旗開き」を行いました。労働組合、県勤労協、戦争をさせない1000人委・静岡、浜岡原発を考えるネットワーク静岡、県連合プロジェクトチーム、党全国連合・東海ブロック協議会・県内各支部党員ら70人が参加し、参議院選挙を闘い抜く決意を固め合いました。≫全文を読む

総がかりで「戦争法」を廃案に しずおか憲法9条を擁護し実現する会

 10月21日、「しずおか憲法9条を擁護し実現する会」(事務局社民党静岡県連合)の2016年度総会が静岡労働会館で行われました。≫全文を読む

憲法擁護静岡県民連合 憲法擁護静岡県民連合

 10月21日、静岡労働会館で憲法擁護静岡県民連合第35回定期総会が行われました。≫全文を読む

高校生平和大使の活動に注目 戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動

 9月27日、静岡市の労働会館で高校生平和大使の活動報告会が行われました。第18代高校生平和大使に選ばれた県立静岡高校1年生の杉本汐音さん(焼津市)、原水爆禁止世界大会長崎大会に派遣された静岡英和女学院高3年生平井みのりさん(静岡市)、星陵高3年生石川智恵さん(富士宮市)が活動と体験を発表しました。≫全文を読む

さようなら原発 さようなら戦争全国集会に2万5千人 戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動

 9月23日に「さよなら原発さようなら戦争全国集会」が、東京・代々木公園で開催され、全国から2万5千人、静岡県からもバス1台と新幹線50人が参加しました。鹿児島・川内原発に続き、各地の原発の再稼働が進められようとしていることに反対するとともに、9月19日に強行採決された戦争法案の廃止を求めて声を上げました。≫全文を読む

戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動

 8月29日(土)18:00から静岡市の常盤公園で「8・29戦争をさせない静岡行動」(戦争をさせない1000人委員会・静岡主催)が行われ、500人が参加し「憲法違反の戦争法廃案」を訴えました。≫全文を読む

戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動 戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動

 暴走と迷走を続ける安倍政権の「戦争法案」を廃案にしようと、県内各地で党派を 超えた「総がかり行動」行われています。≫全文を読む

戦争をさせない・9条壊すな!静岡総がかり行動 戦争をさせない1000人委員会 戦争をさせない1000人委員会

 5月24日、「戦争をさせない1000人委員会東海ブロック1000人集会」が、名古屋市の若宮大通り公園で開かれました。会場には、静岡県からの100人を含め、東海4県から1000人を超える参加者が集まり、「力を合わせて戦争法案を阻止しよう」と決意を固めました。≫全文を読む

憲法記念日講演会 戦争をさせない1000人委員会

 5月30日、掛川市倉真のアジア・アフリカ支援田で、子供たちと保護者、組合員ら約70人が参加し、マリ共和国向け支援米の田植えが行われました。「食・みどり・水を守る静岡県労農市民会議」が毎年行っているもので、渡邉敏明議長は「戦争や干ばつなどで食べ物もない子供たちがたくさんいる。今日田植えをするお米はアフリカのマリ共和国へ送られる。戦争のない平和な世の中にするよう頑張りましょう」と挨拶しました。≫全文を読む


憲法記念日講演会 戦争をさせない1000人委員会

 5月3日、静岡労政会館で「しずおか憲法9条を擁護し実現する会」が主催して憲法フォーラムが開催されました。5月中旬にも安倍政権が「戦争法案」を国会に提出しようとしている緊迫した状況の下、纐纈厚(こうけつあつし)山口大学理事兼副学長が「集団的自衛権行使容認の深層」と題して講演し、県内各地から参加した250人が耳を傾けました。≫全文を読む


戦争をさせない1000人委員会 戦争をさせない1000人委員会

 3月11日、原水爆禁止静岡県民会議、県平和・国民運動センター、県勤労者協議会連合会の3団体が、静岡市葵区青葉公園で「3・11さよなら原発1000万アクション静岡集会」を開催し200名が参加しました。≫全文を読む

戦争をさせない1000人委員会 戦争をさせない1000人委員会

 4月の統一地方選挙が終わると、「集団的自衛権の行使」を可能にし、自衛隊を海外に派兵し、世界のどこでも戦争ができるようにするため、18本以上とも言われる「戦時立法」が提出される恐れがあります。≫全文を読む

社民党静岡県連
2015年新春旗開きで挨拶する橋本勝六代表

 社民党静岡県連合は1月9日、静岡市で31の団体・個人70名が参加して「2015年新春旗開き」を行ないました。第1部は、小沢明美県連合副代表の司会で開会し、橋本勝六代表は「年末の総選挙で自民党が圧勝し、平和と憲法の危機が現実化しつつある。憲法の平和主義こそ日本の誇りであり、守っていかなければならない。また4月の統一自治体選挙では浜松市議選に南区から馬塚さやかさんが党推薦で立候補する。若き新人に皆さんのご支援を」と訴えました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 新年おめでとうございます。日頃の社民党に対するご支援・ご協力に深く感謝申し上げます。≫全文を読む

2015年新春旗開きで挨拶する橋本勝六代表
社民党静岡県連合
Copyright (c) Social Democratic Party of SHIZUOKA, All Rights Reserved.