社民党静岡県連合
社民党とは?
代表挨拶
議員紹介
行動する社民党静岡
くらしと平和を守る活動
党員からの提言
お知らせ
リンク
問合せ・申込み
トップページに戻る

Top  >行動する社民党 >2009 >2010 >2011 >2012 >2013 >2014

衆院選東海ブロック比例代表候補の山としひろ 静岡市青葉通りで政策を訴える山候補

 衆院選東海ブロック比例代表候補の山としひろさんが、12月4日来静し、静岡・焼津・藤枝・島田・菊川の各市を回り社民党の政策を訴えました。≫全文を読む

 ●山としひろホームページ≫

平和と福祉は社民党

 今回の選挙は「世界で一番企業が活動しやすい国づくり」、「戦争のできる国づくり」を進めてきた安倍政権の2年間を問う重要な選挙です。景気回復の目玉とされた「三本の矢」の「アベノミクス」ですが、大企業と一部富裕層を優遇する一方、国民の所得も消費も改善せず、その失敗は誰の目にも明らかです。≫全文を読む

●社民党衆議院選挙公約≫

全国党活動交流会 全国党活動交流会

 9月27・28日の両日、東京の日本青年館で社民党の「全国党活動交流会」が行われ、全国から140名が参加。静岡からも橋本勝六代表、大河内俊雄幹事長、秋山一清水支部幹事の3名が参加しました。≫全文を読む

吉田党首の全国キャラバン行動 浜岡原発の防波壁を外側から視察

 7月27日(日)31箇所目となった吉田党首の全国キャラバン行動が、静岡県内で行われました。この日は36度を超える猛暑の中、中部電力浜岡原子力発電所の視察、掛川市長との対談、対話集会、記者会見、街頭演説を行いました。≫全文を読む

「戦争をさせない1000人委員会・静岡」が発足 全国署名活動にご協力を

 3月4日、解釈改憲によって日本を戦争に参加できる国にしようとする動きを止めようと呼びかけ、憲法学者や作家らが、「戦争をさせない1000人委員会」を発足させました。この全国規模の運動を広げるため、4月30日、静岡でも県内の市民団体代表や弁護士らが呼びかけ人となり、「戦争をさせない1000人委員会・静岡」を発足させました。≫全文を読む

社民党静岡県連第13回定期大会 代議員の発言に答弁する大河内俊雄幹事長員

 社民党静岡県連合は、4月27日静岡市駿河区の労働会館で、代議員など50人が参加して第13回定期大会を開催しました。≫全文を読む

●橋本勝六代表の挨拶全文≫

浜岡原発は廃炉以外の選択肢はない 主催者を代表して挨拶する渡邊敏明平和センター会長

 福島第1原発事故から3周年を迎えた3月11日、静岡市の青葉公園で「3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会」が開かれました。≫全文を読む

社民党静岡県連合
吉田忠智新党首

 1月18日、対話を重視する吉田忠智新党首の「ただとものWA(わ)全国キャラバン」東海ブロックの取り組みが名古屋市で行われました。≫全文を読む

新春旗開き

 1月11日、社民党静岡県連合は静岡市の「ホテルプレヴェ」で労組・平和団体・市民団体代表・党員など70名が参加して「2014年新春旗開き」を行ないました。≫全文を読む

開会の挨拶をする小沢明美副代表
社民党静岡県連合
Copyright (c) Social Democratic Party of SHIZUOKA, All Rights Reserved.