社民党静岡県連合
社民党とは?
代表挨拶
議員紹介
行動する社民党静岡
くらしと平和を守る活動
党員からの提言
お知らせ
リンク
問合せ・申込み
トップページに戻る

Top  >行動する社民党  >2009 >2010 >2011 >2011

社民党静岡県連 社民党静岡県連

静岡県高齢・退職者連合(会長・藤田克己氏)は、福島原発の事故と浜岡原発への対応を考え、11月22日の総会で、活動方針に「原子力に頼ることのない生活スタイルを自ら求め、原発に依存するエネルギー政策を抜本的に見直し、省エネルギー社会への転換、再生可能なエネルギーの開発を促進するよう政府に求める」との取り組みを盛り込みました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 憲法理念の実現をめざす「第48回護憲大会」が、11月4日から6日までの3日間、全国から2,500名が参加し、山形市「山形国際交流プラザビックウィング」他を会場に開催され、社民党県連合を代表し静岡県代表団14名の一員として参加してきました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 9月11日(日)、社民党静岡県連合は静岡県平和・国民運動センターと、静岡市繁華街のけやき通りSIZUOKA109前で、脱原発1000万アクションの署名活動を行いました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 社民党全国連合の「大震災・原発事故調査団」は、山内徳信国民運動局長(衆院議員)を団長に、全国から70名が参加し、福島県川俣町・飯館村・南相馬市・相馬市・伊達市の被災地を調査した。≫全文を読む

社民党静岡県連

 6月11日、原水禁静岡県民会議、静岡県平和・国民運動センター、静岡県勤労協連合会が主催し、静岡市葵区の常盤公園で「6・11浜岡原発震災を防ぐ静岡集会」が開催され250名が参加しました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 4月1日、福島党首が浜松で統一自治体選挙の第一声を発した後、櫻井代表など県連合役員と共に浜岡原発を訪問し、4・5号炉の運転停止と自然エネルギーへの転換をを申し入れました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 政令浜松市議選に中区から挑戦する、29歳の新人「村上まさあきと希望の会」の事務所開きが、3月6日中区東伊場で約100名が参加して行われました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 政令浜松市の市会議員選挙に南区から7期目の挑戦をする、小沢明美氏の後援会事務所開きが、1月30日、南区松島町で行われ約210名が参加しました。≫全文を読む

社民党静岡県連

 静岡県連合は、2011年新春旗開きを1月8日静岡市で開催。今年のテーマは「連帯の輪を広げ統一地方選挙への決起」です。≫全文を読む 社民党静岡県連

社民党静岡県連合
Copyright (c) Social Democratic Party of SHIZUOKA, All Rights Reserved.